居宅介護・重度訪問介護・同行援護の許認可までの手順。大阪市・平野区・住吉区・東住吉区等・柏原市。

介護事業に強い顧問司法書士
[当事務所の費用・報酬]

設立の手順
1 障がいヘルプとは
2 場所を選ぶ
3 法人の設立
4 人員をそろえる
5 間取りと設備
6 申請書の作成
7 事務書類の整備
8 営業開始!
運営の手順
1 ちょこ税の話し
2 ちょこ労務の話し
3 契約内容報告書
4 ケア記録
5 実績記録票
6 国保連へ請求
7 利用者負担請求
8 介護報酬振込!
障害福祉

障がい者の方への介助。(居宅介護・重度訪問介護)


高齢者への介護とは異なる制度。
 

設立や運営面で高齢者の介護保険制度とは複雑に異なる点が多々あります。必要な書類として「契約内容報告」や「実績記録票」などがあったり、国保連への請求がオンライン請求であったりします。

 
※ 障害者へのホームヘルプは居宅介護と呼ばれています。ケアマネ事業を表す居宅介護支援とは異なります。またその他に重度訪問介護や同行援護、市の移動支援などの制度があります。
TOP | 次へ

福井がお手伝いできること
制度のご説明および、
事業所様ごとのスケジュールを作成します。
ご相談はこちらから