シンプルな案件と複雑な案件が同じ料金では納得できない。児童発達支援・放課後デイのはじめ方。

介護事業に強い顧問司法書士
[初めから読む][費用・報酬][必要人員][必要資金][物件選びの注意点][スケジュール表][おまけ]
建築確認済証をチェックしましょう。
設立 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 運営 1 2 3 4 5 6 7 8

建築確認済証がない物件は要注意。
 

建物所有者が建築確認済証を現に持っていない場合は、市の建築課で建築計画概要書を取得し、建築確認の検査がなされた物件であるか確認しましょう。これがないと原則認可が下りません。

 

 ※ この他に延床100u以上なら建築上の用途変更手続き。
 ※ 市街化調整区域なら府の開発許可担当とも協議をする必要がある場合があります。
前へ | 次へ
専用ご相談フォームはこちらです。


介護事業の立ち上げ/大阪・兵庫・三重