シンプルな案件と複雑な案件が同じ料金では納得できない。デイサービスのはじめ方。

介護事業に強い顧問司法書士
[初めから読む][費用・報酬][必要人員][必要資金][物件選びの注意点][スケジュール表][おまけ]
市の計画調整局等と、協議をします。
設立 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10運営 1 2 3 4 5 6 7 8

「居住用建物」を「介護施設」として使用する為に用途変更という手続きが必要になります。
 

用途変更手続に伴う建築士等に支払う費用が大きな負担になることがあります。その確認を同局建築確認課の担当官と協議します。また、市街化調整区域に関する事項を同局開発誘導課と協議します。

 
 
 ※ 延床面積が100u以下であれば協議は必要ですが原則、用途変更手続きは不要です。
前へ | 次へ

福井がお手伝いできること
ご相談および、
法人の設立登記業務を代行します。
ご相談はこちらから


介護事業の立ち上げ/大阪・兵庫・三重